logo

そふと干物コラム

榮元のそふと干物は種類が豊富!とにかく迷ったらこれ!オススメの干物3種

2024年03月26日

商品紹介

オススメ

干物というと、みりん干しが甘すぎだったり、身が固くて食べるところが少なかったり、生臭いにおいが気になって敬遠しがち、というイメージを持っていませんか?榮元のそふと干物は、特殊な製法を用いてお客様のもとへお届けしているので、身はジューシーでとっても美味しい干物です。人気の秘密は、美味しさはもちろんですが、他では見られない珍しい干物や、いわゆる高級魚と呼ばれる魚の干物も食べられることです。榮元の人気のそふと干物、ぜひ一度ご賞味ください。

お客様の反響NO.1!脂ノリが想像以上!『ニシンそふと干物』

榮元のそふと干物は種類が豊富!とにかく迷ったらこれ!オススメの干物3種

注文したお客様の反響ナンバーワンの商品が、「ニシンの干物」です!高級魚でも、珍しいお魚でもないのに、反響が一番なのは、もちろん理由があります。
どちらかというと、タマゴのカズノコのほうが重宝されるイメージのあるニシンですが、榮元のそふと干物のニシンはびっくりするほど美味しくて、ニシンってこんなに美味しい魚だったの? と驚かれるそうです。
京都久美浜でとれたニシンを、自社加工所海工房で職人がさばき、特殊な機械で乾燥、冷凍します。魚の表面を固くせず水分を均一に抜くことができるので、脂がたっぷりのったニシンの身を、固くせずにふっくらと乾燥させるのが美味しさの秘訣です。

柔らか美味しい!京丹後名物『ゲンゲそふと干物』

榮元のそふと干物は種類が豊富!とにかく迷ったらこれ!オススメの干物3種

ゲンゲという魚はご存じですか? 水深200メートル以上の深海にすむ深海魚で、ほかの魚の漁の際、底引き網に入っていることが多いそうです。水分が多く、すぐに鮮度が落ちてしまうため、地元の漁師がみそ汁などで食べることがほとんどでした。実はこのゲンゲ、美味しい魚として最近注目されています。ゲンゲを干してあぶると、脂の乗ったゲンゲはとても美味しいことが知られ、榮元は久美浜でとれたゲンゲを干してそふと干物にしました。幻の魚といわれるゲンゲの干物、榮元でぜひ味わってみてください。

プリプリで美味しい!『フグ そふと干物』

榮元のそふと干物は種類が豊富!とにかく迷ったらこれ!オススメの干物3種

なかなかご家庭では味わう機会のないフグですが、榮元はフグをそふと干物にしました。フグというと、てっさと呼ばれるお刺身や、鍋、からあげなどの食べ方が一般的ですが、榮元の特殊な技術でうまみを凝縮したそふと干物は、まるで料亭のような味わいです。身が固くならないよう水分を飛ばして、ぎゅっとフグのうまみを閉じこめた身は、焼くことでふっくらとなります。ぷりぷりとして歯ごたえがあるその身は、ご飯にもおつまみにもぴったりです。

どのそふと干物も美味しいので是非色々お試しください!

榮元のそふと干物は、久美浜でとれた旬のさかなを、鮮度が落ちる前に自社の加工場でさばき、乾燥、冷凍しています。うまみを逃さず身が固くならない技術で乾燥させているため、榮元のそふと干物はどの干物も本当に美味しいです。単品でご自分のお好きな干物を購入することもできますし、迷ってしまって選べないかたは、お得なセット販売もございます。贈り物にもぴったりな榮元のそふと干物、ぜひ一度ご賞味ください。